+nao日記+

nao8.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 26日

古典的なジンガロ ?

待望の『ジンガロ』観てきました!!
c0124108_23553078.jpg

疾走する馬の姿、本当に美しかった。
そしてシンプルかつ圧倒的な存在感の舞台美術。

が、がぁ〜!!私のジェンダーセンサーが引っかかってしまった。。。
一言で言うとホモソーシャルの匂いがぁ
トップダウンの会社を見ている感じと言うのか。。。

演目は「バトゥータ」
ルーマニアの音楽に合わせて自由を謳歌する遊牧民を演じる。
私が気になった点は
女性馬術師の登場回数が圧倒的に少ない(そもそも女性馬術師の人数が少ない)
そして出て来たと思ったらスカートをひるがえした何となく違和感のある演出
自由のきかないウエディングドレス姿
人形のような女性像
それから女性馬術師には終始笑顔がみられなかった

気になる部分はもっとあるのですがこの辺で。。。

パンフレットには、
「ユーモア、ロマン、欲望、嘲笑、希望、不条理など人生のさまざまなエッセンスをルーマニアの楽団の生演奏に合わせて表現し、奇想天外かつエネルギッシュな展開で観客をくぎずけにする!」
 

自由を謳歌するのは男性ばかりで不条理?確かにパンフレットには嘘がない...
私が感じた事は全て演出だったのなら良いのですが...
若干、後味が悪い作品でした。
この気持ちを払拭して欲しいので違う演目も観てみたいです。
[PR]

by naou7 | 2009-01-26 00:26 | ジェンダー


<< アルパカちゃん      川越散策 >>