+nao日記+

nao8.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 13日

映画『精神』

c0124108_17293456.jpg

昨日の続き
映画を観ようと渋谷に向かった。
その電車内での出来事
盲導犬を連れた方が
優先席に腰掛けようとした。
すると、隣に座っていた男が席を外した
盲導犬を連れた方が
「あっ!席外さなくても大丈夫ですよ」と
その男が気を使って外したのかと思い声をかけられた。
すると、その男は尋常ではない声で
「犬が嫌いなんだよ!」
と車内中に響き渡る罵声を浴びせた!
私は、やり場のない怒りを噛みしめ「最悪!」と、つい声に出してしまった…


『精神』
想田監督のドキュメント映画

岡山にある精神科クリニック『コラール岡山』
ここに通う心に傷をおった患者さん達をカメラは見つめる。
過酷な過去を抱え、
この病院にやってくる人々。
ずっと観ていると普通ってなんだろう?
どういう事だろう?と思えてくる。

実は私も24歳の頃に軽い鬱病になった経験があります。
幸い、この病気を自分自身素直に受け入れられたので
一ヶ月程の静養でよくなりました。でも結構しんどかった。。。
しかし、この病気になった事を心から感謝しています。
何故なら鬱病にならなかったら
今の自分を見つけられなかったと思うからです。
そして、感謝を感じられる精神になれたのは、
愛する家族や友達がいてくれたからだと実感しています。


この映画にも絆が重要なポイントになっていました。
過酷な運命、過酷な労働、過酷な人間関係
ここに出演されている方々の
人生が、もしも自分に降りかかってきたら
絶対に病気になっていると思うし、
むしろ精神に異常をきたさない人間こそ
普通では無いように思いました…


電車内での出来事も
罵倒した男を最低だと言ってしまいましたが
もしかしたら、彼も心に大変な傷をおっているのかもしれない
そんな風に考えだしたら、自分の薄っぺらい正義感を痛感しました…
[PR]

by naou7 | 2009-07-13 17:29 | 人生


<< 帽子      映画『選挙』と『精神』を観た! >>