+nao日記+

nao8.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 15日

表現方法

二日に渡り、とても興味深いイベントに参加できた。

c0124108_075476.jpg


1月14日『石原都知事の同性愛者差別発言、なにが問題か?』

この問題に対して、
『共生社会をつくる セクシャルマイノリティー支援全国ネットワーク』
が抗議文を送った、その内容の一部がこちらです。

去る12月7日、都知事は記者会見で、ゲイパレードなどを視察された感想を述べられ、
同性愛者に対して「男のペア、女のペアあるけど、どこかやっぱり足りない感じがする
遺伝とかのせいでしょう。マイノリティーで気の毒ですよ」という趣旨の発言をした。

折しも12月4日〜10日は人権週間にあたり、東京都の広報でも「ー考えよう相手の気持ち
 育てよう思いやりの心ー」という標語を掲げ「性的趣向を理由とする差別をなくそう、
性同一性障害を理由とする差別をなくそう」と謳っていた最中、本来啓発活動の先頭にたつべき
都知事ご本人が軽視発言をするのは明らかな差別です。
このことに深く傷ついた当事者や家族は多く、当会にも抗議の声がたくさん届いております。
〜略〜
実際のところ、同性愛は人間同士支え合って生きて行く上での形の一つであり、
それ自体は「足りない」のもでの「気の毒」な存在でもありません。
東京都の姉妹都市であるパリの市長として二期目を勤めるベルトラン.ドラノ氏、
ベルリン市長として三期目のクラウス.ヴォーヴェライト氏がいずれも同性愛であることを
公表していることからも、このことはお分かりいただけるでしょう。
しかし現在の日本社会は性的に非典型とされる人々に対して未だ多くの誤解や差別が
存在するため、家族にさえ打ち明けられない事が多いのが実情です。学校でも職場でも
地域でも自らの性自認や性指向を公にするのは困難で、同性愛であることを公表した場合
当事者はもとより親きょうだいまで偏見や嫌がらせを受けることもあります。
先駆的な調査によると、自殺を考えた性的マイノリティー当事者の数は一般の6倍にのぼり
社会の無理解に追いつめられている事が示唆されます。
そんな状況の中、本当に「足りない」のはむしろ、市民であり納税者でもある同性愛者に対する
社会的認知と受容、そして社会支援である、といえるでしょう。

〜略〜

ああぁ〜あのオヤジだったら言いそうだよな。。。
って終わってはいけない!!!


これを機に、セクシャルマイノリティーの社会的保証や人権を訴えて行こうと団結!
三月にはデモを開催!これは是非とも参加しなくては。
そして、少しでも、日本の現状を変えよう!
逆に団結できる機会を与えてくれた、石原都知事に感謝だ(苦笑)


1月15日   『私がなぜアートをつくるか』
c0124108_23365229.jpg

韓国のフェミニストアーティストのユン.ソクナムさんの歴史や作品を
ご本人の解説と共に観る事ができた。
も〜〜〜最高に素敵!!!
そして、丁度私達がやろうとしていた事の道しるべ
をしてくれるかの様にリンクする事が沢山ありました。
確かな技法、素材選び、アイデアの泉、仲間との繋がり、何をとっても刺激になりました。
この、木彫の女性達『999』は、あと1人で1000人(完成系)。
でも今は、1人足りない。
でもいつかは女性にとって1000になる日が来るであろう、という希望を作品に込めています。
c0124108_2337986.jpg

(実際に性犯罪にあった方のデータがテープに。そのデープで下着を貼付けていく)

そして、そしてイトーターリーさんのパフォーマンス。
前回も拝見させて頂きましたが、またもや進化していて素晴らしかったです。
日本軍『慰安婦』として送られ、敗戦後は沖縄本島を放浪し、住着いたぺ.ポンギさん。
米兵による性犯罪にあった女性たちの実態
女性の痛みを、身が抉られるようにヒリヒリと肌に感じるパフォーマンス。

お二人とも会見で言っていたのは『個人的な表現は政治だ』
私達が何故、アートを表現方法にしたのかが、改めて再確認させられた気がしました。

このイベントに誘ってくれた、ひなちゃんとミホさんに感謝♪




☆展覧会のお知らせ☆


『夢のイストワール展』~内宇宙の物語~
2010年 1月21日(金)~26日(水)
O美術館にて開催致します。

[PR]

by naou7 | 2011-01-15 23:03 | ジェンダー


<< 夢のイストワール展      辛淑玉『現代にっぽん考」 >>