+nao日記+

nao8.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 30日

声を上げる 

junkoさんのブログより、
矢ヶ崎克馬 琉球大名誉教授のお話を聞いた。

☆ ICRP基準は、実はアメリカの歴史的政治的な策略を多いに盛り込んだ基準となっている。
   特に、内部被曝に対しての軽視は恐ろしい。

☆ 風評被害だと云う言葉で、被災地で獲れた食べ物を摂取しようとする行動は危険。
   (国民の感情を、政府に逆利用されている)
☆ 福島で獲れた魚や野菜などは全部国が買い取り、生産者に保証金を出すべき。
   (今の状態で流通していったら日本中が内部被曝する事になる)

☆ 今後、出てくるであろう健康被害に対して、自ら記録を取るり立証できる状態にしておく。


いま、政府が色々な事を隠しているのは目に見える事実であって、こんな国で
早急に、生産者に保証金を出したり、基準であるICRPをECRRに変えたりする事は
ほぼ皆無に近い事だと思う...考えれば考える程、絶望的になってくる。

でも、唯一残された手段は国民が声を上げなくてはいけないんだと思う。
[PR]

by naou7 | 2011-06-30 22:16 | No!原発!!!


<< 瞑想の旅      解離 >>