+nao日記+

nao8.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 02日

モノローグ今年もやります!

仕事が変わり、今年は参加出来ないかと思っていましたが
最近のもやもやを吹っ切る意味でも、今年も参加します!!

何だか起爆剤になったように気分が前を向いてきた!
やっぱり仲間は素晴らしい☆

お時間ありましたら是非とも起こし下さいませ☆



一瞬しにくい「からだの話」。しかし語り出せば止まらない!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■■□■□■■□
連連夜話 v-girls & 連連影展 FAV 
Vシリーズ II
  パフォーマンス、映像上映、写真展

4月13日(金)19:30〜(開場19:
00)

 会場:KEN (三軒茶屋) 入場料:1500円(おみやげ付)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■■□■□■■□

■□■ パフォーマンス ■□■

『連連夜話〜私たちのモノローグ』
女たちは語りたくて、うずうずしている。私のからだ。私の愛する女
性。私の尊厳。私の命。あなたの命。
女性たちによるオリジナルストーリーのライブパフォーマンス。

■□■ 上映作品 ■□■

『wrap! rap! -10cs3-』
監督 うららさとこ/5分/2004年/日本/
日本語
バーで出会った女と女。部屋に誘って、熱い夜の始まるまさにその時、
突然、キッチンに‘ラップの天使’が現われた・・・。

『福島からのメッセージ』
撮影・編集: うららさとこ せやまのりこ/ 10分/
2011年/日本/日本語
7月初旬、福島県田村市船引町にある障害者自立生活センター(福祉の
まちづくりの会)に、鈴木絹江さんを訪ねた。そのときに撮影させても
らった震災と原発事故後の証言の記録。

■□■ 写真展 ■□■
『3.11 Before & After 〜 乳がん治療の記録』
「3.11 の地震のとき、私は病院にいた。」その直後に原発事故
が起こり、放射線治療に平行し二重の放射能体験をする中、彼女は自分
の変化をカメラで記録し続けた。彼女の生きる姿、人間のからだ、その
美しさを映し出す。


☆ 連連夜話 v-girls とは?
アート界に女性の視点が少ないことに息苦しさを覚えた女性たちが米国
の劇作家イヴ・エンスラーによる「ヴァギナ・モノローグ」をヒントに
し、それぞれ独自のモノローグを2011年より数回公演。そのス
トーリーは連なり連なり(連連)共感・エンパワメント・フェミニズム
への目覚めを呼び起こし、出演者を増やしている。

☆ FAV連連影展とは?
等身大にそして雄弁に語りかけてくる映像をフェミニストの視点で集め
た映画祭。作り手と観客が一緒に作るファヴは2005年にスタート
し、年に数回、場所を転々としながら上映活動を行っている。http://
www.renren-fav.org/main/

会場:KEN | 世田谷区太子堂4-8-3 B102 | Tel
& Fax 03-3795-1776
[田園都市線]三軒茶屋駅(三茶パティオ口)から徒歩6分
[世田谷線]西太子堂駅から徒歩2分
 地図 http://www.kenawazu.com/access.html
ペットショップ「コジマ」右手から地下へ

*開演前、閉演後に飲み物をご購入いただけます。
*ノートテイクが必要な方は、事前にご連絡いただくか、当日、スタッ
フに声をかけてください。
*その他、サポートが必要な方はご連絡ください。

お問い合わせ:連連影展FAV renrenfav@yahoo.co.jp
[PR]

by naou7 | 2012-04-02 08:10 | 展覧会のお知らせ


<< モノローグ無事に終わりました☆      伊勢旅行 >>