+nao日記+

nao8.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 21日

古典って面白かったのね☆

最近、古典が気になります。
そこで読みはじめた『ビギナーズ.クラッシクス』。凄く読みやすいです。
c0124108_229097.jpg

『徒然草』の兼好さん。おもわずプッと笑ってしまう文章もあり、ふふぅ〜ん、良い事良うじゃん!もっあり、ハイすいませんでした...もある。大変興味深いです。
ちょっとご紹介
『仁和寺の法師』 
仁和寺にいたある僧が老年になる前には、一度でいいから石清水八幡宮を参拝したく、一大決心をしてたった一人で参拝に出掛けた。ところが、その僧はふもとの寺を参拝し、目的であった肝心な山上の八幡宮を拝まずに帰ってしまった。
そして、同僚に向って「長年、心にかけていた参拝を果たした。八幡宮は噂に聞いていた以上に荘厳な境内でした。それにしても参拝者がみな、山に登って行くのは何かあったのでしょうか?知りたかったのですが、八幡宮が目的でしたから、山には登りませんでした」と、きまじめな顔で話したという。
聞けば教えてくれる人だっていただろうに...でも、よく考えたら私もこういう経験あるかも。。。
もう一つ、仁和寺の僧の話で壺をかぶった話もあるらしいのですが、仁和寺ってオチャラケ僧の集まりだったのかしら?ちょっと行って観てみたい気がする。。。
『未完の完』
「薄衣で装丁した本の表紙は、傷みやすくて困る、各冊の体裁が不揃いなのはみっともない」と嘆く人がいました。それに対して、「品物をきっちり同じに揃えようとするのは、ものの命がわからない人間のすることだ。不揃いこそが最上だ」「何事においても、すべて完全に整い、完結しているのは、かえって、その仕事の命が終わる事になり、よろしくない。やり残した部分を、そのままに放置してあるのは、味わい深く、仕事の命を将来につないでやる方法なのだ」
これ!!まさに今の時代にも当てはまりますよね。オートメイション化され大量に作られるモノ、不揃いだけど手作りの温もりのあるモノ。結果、手作りで丁寧に作られたモノの方が寿命が長く、壊れても修理に出して使いたいと思う品ですよね。
色々と感じさせ、考えさせる文章ですよね☆七百年前も今も変わらないんだなぁ〜
[PR]

by naou7 | 2007-07-21 23:03 | 人生


<< 辛さで吹き飛ばす♪      足が。。。 >>