+nao日記+

nao8.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 07日

目の覚める作品

本屋に行ったらついつい買ってしまいました。
c0124108_21522890.jpg

ぐぅぁ〜ん☆久々に頭の中真っ白。顔面パンチをくらった。
遅ればせながら、松井冬子さん大好きです。
さしでがましいようですが、感じている事が類似していて共感できる部分がかなりあります。もっともっと、もっともっと作品に情熱を、そうでなかったら創る意味がないやっ!
と改めて感じさせてくれました。
現代美術を観ていると、なんとなくその作家の自慰行為を見ているような感じのする自己満足な作品が多くて好きになれなかったのですが、松井冬子さんの作品を観ていると、確かに過激でグロテスクな作品なんだけれど女性だったら共感できる傷みがひしひしと伝わってくるんです。
そこで気が付いたのです、私が不快だと感じた作品は男性作家の作品が多い事に...
それってきっとジェンダーが関係しているんでは??そもそもジェンダーって?
早速、図書館にかけこみます☆

それから凄く気になった事が一つ。
色々な記事を読むと、自分の経験を元にして作品を創っていると書いてありましたが、私は個人的な事はあまり人様に言いたくない主義なのか、冬子さんを見ているとそこまでさらけ出さなくても良いのでは?と疑問に思ってしまう。感じる人は十分感じる事ができるのだから...若干痛々しく思ってしまいます。きっと私が凡人だから感覚が理解できないのかもしれないのですが^^:小説家や画家、作家という仕事はプライベートまでもさらけ出さなくてはいけないのでしょうか?

ロン.ミュエックのあの巨大な作品の作業工程が詳しく載っていたので
思わず買ってしまいました。凄いっすっ!!
[PR]

by naou7 | 2008-05-07 22:36 | ジェンダー


<< おてがる英会話      こだわり >>