+nao日記+

nao8.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 08日

ジェンダー入門

ジェンダー関連の本を少し読んでみました☆
色々ある中で一番わかりやすかったのが加藤秀一さんの『ジェンダー入門』

フェミニストの方々それぞれの考え方の違いからフェミニスト同士で分裂しているのが何だか変だな〜おかしいな〜?と感じました。
ところがこの本はもっと寛容な解釈でありつつ、非常に簡単な言葉で私のような初心者には頭に入りやすい解説となっていました。

c0124108_0133818.jpg

ジェンダーを理解すると言うことは、なにも女性だけの問題ではなく、男性、さらには人間が生きやすい環境を作るのだと感じました。
例えば、最近自殺者が増えていますが、これもジェンダーに深く関係していると 加藤さんは書いてらっしゃいます。
男らしく一家の大黒柱であるべき、病気になるなんて男らしくないと自分をジェンダーで縛り付けている結果、自分を自殺まで追い込んでしまう方が多いのだとか。(それだけが全ての原因ではないのでしょうけども)

しかしジェンダーについて知るにしたがい、イヤ、はっきり意識する事ができてしまったが為に
改めて生活しにくいなぁ〜と思う。それだけ蔓延してるという事ですな。。。
ついつい、これもジェンダーあれもジェンダー...ジェンダー探しゲームができそうです(苦笑)
やはり女性蔑視の傾向が日本の世の中には根強く定着してるという事実が
普段生活している上でひしひしと感じられます。
幸い、私の周りに居る男性はそのような方はいらっしゃらないので幸運なのですが
最近、あからさまに権力や力関係を固執する典型的なジェンダーバイアス男に出会してしまった。
こういう方との接し方はどうすれば良いのだろうか?
☆誤解があるといけないので、その方は当然ブログの存在を知りません。
[PR]

by naou7 | 2008-06-08 01:12 | ジェンダー


<< 山の上ホテル『chez nou...      展覧会のお知らせ >>