+nao日記+

nao8.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 18日

直島の旅 2

次の日
看病の甲斐あって??友人の熱は37度まで下がり前日より回復しているようでした。
しかし薬で下がっているような感じだったので
直島では容態が悪くなって帰りたくてもフェリーの時間があるので直ぐには帰れない
とりあえず空港のある高松に11時半のフェリーで戻る事にした。
c0124108_18273310.jpg

ココからが時間との勝負!
ホテルのベネッセハウスミュージアムは8時半からオープンしていたので見学に。
いままで本や雑誌で観た事のある作品がけっこうあってビックリ!
一番の感動はデビット.ホックニー♪
父が購入したデビット.ホックニーの写真集を穴が空く程、中学生の頃に眺めていたのです
その表紙の作品「ホテルの中庭の回遊」が目の前に!!
中学以来会っていない友達に久し振りにあったような気分^^


ホテルの展望台とでも言うのか離れの棟へ
c0124108_18595762.jpg

こんな小さなケーブルカーを自分で運転?
発車ボタン押すだけですけど(笑)ちょっと楽しい♪
あいにく曇りだったので残念。ココからの眺めが絶景でした。
写真が無くてすんません^^:

時間が迫って来たので、地中海美術館と家プロジェクトを篩に掛け
結局、家プロジェクトを見学する事に。
c0124108_19291992.jpg

現代アートと古民家をミックスさせたとても面白い企画だと思いました。
『角屋』は宮島達男の作品を古民家の内装そのままの中に展示。
真っ暗な居間全体にプールのような物を作り、そこに蛍光ランプが所々点滅し
まるで蛍が床一面に広がっている様な幻想的な世界でした。
古民家とのギャップが大変面白かった♪
c0124108_1949537.jpg

ゴミ屋敷ではありませぬ
『はいしゃ』は大竹伸朗の作品の中に迷い込んでしまったかのような作品で
伸朗ワールド全開でした。

ここでタイムアッ〜プ!!
フェリーの時間が来てしまいました。あぁ〜もっとゆっくり観たかった。。。

直島は本当にのんびりとした素敵な島でした。
ホテルが出来てアートプロジェクトなどが出来て
島は日本中いや世界中から人が押し寄せて来て
島の人達はどのように感じているのかな...それが凄く気になった。
若い人がどんどん都会に出て行ってしまう中、きっと直島は雇用が沢山ありそうだし
経済的にも潤っているのかな?訳の解らない西洋かぶれしたリゾート施設が出来るよりは
良いのかな?この先どうなって行くのかな?
なぁ〜んて私が心配してもどうにもなりませんが^^:
今度は体調万全の時に又行きたいと思いますぅ〜
それから後から知った事なのですが直島では女性だけで演じる人形浄瑠璃があるそうです。
今度は是非観てみたい。
[PR]

by naou7 | 2008-06-18 20:26 | アート


<< 直島の旅 3       あららぁ〜直島 >>