+nao日記+

nao8.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:人生( 68 )


2007年 09月 03日

明日がある♪

仕事を変えるとすぐに熱をだします。知恵熱?(笑)
環境の変化に弱いのかもしれません。
それから、丑年とあって赤いモノを見せられると突進する傾向にあります。かなりエンジン全開で進むもんだから、疲れてしまうんですね。。。とほ
有り難い事に、この発熱のおかげで大病はした事ないんですが、よりによって凄く行きたかったライブの日に発熱するなんてタイミング悪過ぎ、自分に腹がたち、バイトに逆恨みし、そんな自分に凹んできます。。。
c0124108_21103038.jpg

そんな時は!
明日がある〜♪明日がある〜♪明日があ〜るぅさ〜♪♪
[PR]

by naou7 | 2007-09-03 21:15 | 人生
2007年 07月 26日

再発見!『勝手にしやがれ』やっぱいいな〜♪

久し振りにツタヤに行って借りてきました。
『グッバイ レーニン』
母の為なら何でもしてあげる親孝行な息子。笑った後にジンワリきます。面白い作品でした。
『親指の標本』
ん??原作の雰囲気こんなんだった?大好きな『PORTISHEAD』が音楽担当と聞いた時には、アボカドと醤油ぐらい相性良いんじゃないの?なんて想ったものの、今イチ、パンチが効いてないような...わさびが抜けてる?もう一度原作読み直してみます。
『カポーティー』
わぁ〜出た!!この後味の悪さ。。。お口直しが要りますな。。。
でも、ぐいぐい引き込まれて凄く洗練された作品に仕上がっていると思います。私は、この中だと一番面白かったような?

c0124108_0124942.jpg

本当はフランス語の勉強になると思い購入した『勝手にしやがれ』
『カポーティー』の後味の悪さを解消すべく観ちゃいました。
この作品には私の青春が詰まっていると言っても過言ではないです^^
あれは〜高校2年の夏、映画少女だったこの私^^:この映画に出会ってすっかり魅了されてしまい、レンタルビデオをダビングし(違法?)テープが擦り切れるまで観た記憶があります。
もちろん!その頃のヘアースタイルはセシルカット☆
ジーンセバーグが劇中着ていた、ストライプのワンピースも母がそっくりに創ってくれました。
あまりにも観過ぎた為、それ以降『勝手にしやがれ』を観ていなかったのですが、こんな話だったの〜せつないなぁ〜ミッシェル〜(涙)
それから、昔の日本映画を今観ると台詞が上品で解りやすいですよね。1950年代に制作された『勝手にしやがれ』も今のフランス映画の台詞より解りやすいような気がします(入門編の私が言うのもなんですが...)
そして、もう一つ発見!ジャンポールベルモントの役「ミッシェル」が元エールフランスのパイロットって設定知ってました?。。。いやいやいや〜今日は充実した一日でございました^^
[PR]

by naou7 | 2007-07-26 00:43 | 人生
2007年 07月 21日

古典って面白かったのね☆

最近、古典が気になります。
そこで読みはじめた『ビギナーズ.クラッシクス』。凄く読みやすいです。
c0124108_229097.jpg

『徒然草』の兼好さん。おもわずプッと笑ってしまう文章もあり、ふふぅ〜ん、良い事良うじゃん!もっあり、ハイすいませんでした...もある。大変興味深いです。
ちょっとご紹介
『仁和寺の法師』 
仁和寺にいたある僧が老年になる前には、一度でいいから石清水八幡宮を参拝したく、一大決心をしてたった一人で参拝に出掛けた。ところが、その僧はふもとの寺を参拝し、目的であった肝心な山上の八幡宮を拝まずに帰ってしまった。
そして、同僚に向って「長年、心にかけていた参拝を果たした。八幡宮は噂に聞いていた以上に荘厳な境内でした。それにしても参拝者がみな、山に登って行くのは何かあったのでしょうか?知りたかったのですが、八幡宮が目的でしたから、山には登りませんでした」と、きまじめな顔で話したという。
聞けば教えてくれる人だっていただろうに...でも、よく考えたら私もこういう経験あるかも。。。
もう一つ、仁和寺の僧の話で壺をかぶった話もあるらしいのですが、仁和寺ってオチャラケ僧の集まりだったのかしら?ちょっと行って観てみたい気がする。。。
『未完の完』
「薄衣で装丁した本の表紙は、傷みやすくて困る、各冊の体裁が不揃いなのはみっともない」と嘆く人がいました。それに対して、「品物をきっちり同じに揃えようとするのは、ものの命がわからない人間のすることだ。不揃いこそが最上だ」「何事においても、すべて完全に整い、完結しているのは、かえって、その仕事の命が終わる事になり、よろしくない。やり残した部分を、そのままに放置してあるのは、味わい深く、仕事の命を将来につないでやる方法なのだ」
これ!!まさに今の時代にも当てはまりますよね。オートメイション化され大量に作られるモノ、不揃いだけど手作りの温もりのあるモノ。結果、手作りで丁寧に作られたモノの方が寿命が長く、壊れても修理に出して使いたいと思う品ですよね。
色々と感じさせ、考えさせる文章ですよね☆七百年前も今も変わらないんだなぁ〜
[PR]

by naou7 | 2007-07-21 23:03 | 人生
2007年 07月 14日

日本人なんだな〜

琵琶奏者、塩高さんのライブに行ってきました。
最近お気に入りでよく聴いている塩高さんのCD。今日は生の演奏が聴けます。
そして、三味線、鼓とのコラボレイションもあるみたい。楽しみ♪
c0124108_21322138.jpg

琵琶には種類があって、写真の白っぽい琵琶は少し乾いた音がします。
なんとなく、大陸の砂漠を歩いているような気分になります。
大きい方はビヤァ〜ンと、これぞ琵琶!!というような音色の薩摩琵琶。
琵琶と三味線は歴史的にも交じり合う事はないようなのですが、音楽的精神も全然違うようです。音色を聴き比べると、三味線は落語の世界のような義理人情を感じます。人間界を表現している感じ。琵琶はというと、精神世界や、この世ではない世界を表現している気がしました。(琵琶は昔は修行の道具でもあったようですね)そして鼓は2つの楽器を繋ぎピシッとしめる役割をしているようです。(あの鼓の掛け声も素晴らしいです)みごとなコラボで、まるで歴史図鑑を眺めているような気分でした。
私の個人的な好みは琵琶でした。魂を揺さぶると言ったら大袈裟かもしれませんが、からからに乾いた喉に水がしみ込むように心に沁みてきます。日本人のDNAが私の中にも生きているんだわぁ〜
[PR]

by naou7 | 2007-07-14 22:02 | 人生
2007年 07月 06日

日本の文化

免許の更新に都庁へ行ってきました。
東京に引っ越して7年目ですが、今回初めて都内での免許更新。西口に出れば都庁なんてすぐ近くだと思ったら大間違い、蒸し暑い中必死に歩きやっとの思いで着きました。
高層ビルの下を歩くと距離感がつかめませんよね?それとも遠く感じるだけかな?
お腹が空いたので、まずは32階にある展望社員食堂へ行ってみました。(一般の人も入れます)
ヒトの会社の社員食堂って覗きみ根性がはたらくのか、凄く気になるんです。まっ、お味はどこも似たようなものでしたが...
今はICチップ入りの免許証になっているのでいつもの更新料よりちょっとお高め!ICチップにする意味がよく解らないけど一応無事免許更新できました。
c0124108_22233253.jpg

午後から琵琶奏者塩高さんが私と同郷の日本画家北村さゆりさんの個展へ誘って下さいました。
塩高さん、北村さんお二人にお話を聞いていると、日本古来の伝統的な仕事をしてらっしゃるのですが、やはり昔のままの事をそのまま継承するのではなく、自分なりに咀嚼してオリジナルなものを創ってらっしゃいます。最近読んだ「禅と日本文化」や「風姿花伝」なども、下地になるベースはあるのですが、そこから新しい哲学が生まれ進化していく過程が描かれています。常に受け入れて否定しない、そして新しいものに生まれ変えてしまう文化ってひょっとしたら日本にしかない素晴らしいものなのかも。これって、今こそ世界に向けて大きな声で発信しなくてはいけない日本の役割なのかもしれませんね。
写真は修禅寺
[PR]

by naou7 | 2007-07-06 22:58 | 人生
2007年 06月 30日

シャンソン

青山にある備前焼専門店『備前 さび助』にてシャンソン歌手の若林圭子さんのライブに行ってきました☆
シャンソン初体験です!(最近仏語をやりはじめて知った事、シャンソンって言葉は「歌」という意味でしかないのですね)店内はのぼり釜をイメージして作られたような内装でとっても落ち着きます。真ん前の特等席をゲットし鑑賞しちゃいました。
c0124108_167054.jpg

情熱〜!!心の底から感情がほとばしり、会場にその情熱がちりばめられて空気が赤くみえるような。『私の心の底に沈んでいる、ありとあらゆるものを、すくいあげて唄う。』とおっしゃっていましたが、普段おしゃべりをしている時はどこかおっとりした雰囲気なのに歌を聞いていると別人のように感じられます。そんなとこも若林さんの魅力なのですが♪
わぁ〜燃えるような情熱いいな〜いいな〜愛のフランス人宣言したくなるようなライブでした(笑)燃えるような情熱を心に秘めている人って素敵です☆
[PR]

by naou7 | 2007-06-30 15:41 | 人生
2007年 06月 20日

ブヨって??

日曜日、原美術館で虫に刺された。夏になっても低体温の為か、血が美味しくないのか、めったに蚊に刺されないのですが、強烈に痒いのです。きっと緑が多い場所だけに、大きな蚊に刺されたのだと思っていました。ところが、次の日になると痒みが倍増!朝方、痒くて目がさめてしまう程。
家にあるムヒではヒリヒリするだけで全然効き目がないので、薬局に行き色々聞いてみた。
なんとブヨに刺されていたのです!
でも、ブヨって??言葉だけでは解っていましたが、どんなカタチの虫なのかも解らない。ネットで調べても解らないんです。。。知りたい。。。きっとこんなに痒いって事は強烈なヤツに違いないんだわ、でも刺された時は全然気がつかなかったって事は毛むくじゃらな足なのかな?想像してたら気持ち悪くなってきた。
真ん中にグワシッと噛んだ後が残っていて、強烈な痒さはブヨの仕業らしいです。お気をつけあそべ☆
あっ!今日は私の誕生日でございました〜♪
誕生日なのにブヨの話題ってどうなの。。。
c0124108_21245858.jpg

全然関係ないけど、お口直しにパリの風景を〜♪
[PR]

by naou7 | 2007-06-20 21:28 | 人生
2007年 06月 18日

神楽坂でうっとり

自分にあった仏語教室を探して、今日で三カ所目の教室訪問です。
日仏はレベル高そうだし、定員が20名というのも何となく気がかり。。。お料理学校も、仏語より料理がメインなので少し違うようで。。。そしてネットで出会った『A la française』会話を徹底的に鍛える教室で、これなら私にも続けられそうだぞ☆今日はラジオ講座で勉強したはずの自己紹介をフレデリック先生にしてみた。意外と出来ないもんでございます。。。まず、リエゾンでヨタヨタ、動詞の活用でヨタヨタ、頭の中が大混乱!!会話と筆記では全然違う事を実感します。先生もノロな私に根気強く何度も何度も解るまで繰り返して教えてくれました。よし!頑張ってフランス語習得するぞ〜!エイエイオ〜!(エイエイオーで思い出した。テレビ番組『学校へ行こう』に出演していた、あの4人の女の子達、強烈ですね〜北朝鮮もビックリな演出。。。一度観たら中毒になります。また観たい〜うぅ〜)

神楽坂で開催されている石山ヒロ子さんの個展にお邪魔しました。
c0124108_2235039.jpg

DMを頂いてから待ちに待った個展で、実物を拝見するのは初めてだったので、瞬きするのももったいな程、夢中で観てしまいました。
宇野亜喜良さん演出の舞台小道具も手がけてる石山さん、舞台小道具ではなくインテリアにしても良いのでは?と思う程、素敵でした。
私の大好きな世界なんです。うっとり〜♪
最近の自分の心境を聞いて頂くと「悩む時は伸び時よ!」と背中をポンと叩いてもらった気分で少し肩の力が抜けた感じがします。とにかく、今は勉強が必要な時期に来ているんだと思いました。
興奮しながら神楽坂の商店街を歩きます。前回来た時より比べ物にならない位、人通りが少ない。チャンス!いつも大行列のお店も暇そうです。有名な?豚まん屋で『肉まん』を買って帰ります。そして饅頭カフェで一休み。神楽坂良いな〜
[PR]

by naou7 | 2007-06-18 23:13 | 人生