<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 19日

新たなスタート♪

4月からフランス語のクラスを朝10時に変更してもらいました。
今までの先生ではなく新しい先生になりました。
その先生の教え方が凄く解りやすいのです!
今まで苦労していたのが何だったのかと目から鱗状態!
多分、日本語が堪能だから解りやすいってのもあるかもしれませんが
頭の中で整理しやすい説明をしてくれます。
やっと、自分で簡単な会話が出来るようになったような...ちょっと自信ないけど
先生でこんなにも違うんだにゃ〜
勢いついでに英語も勉強しようかと只今検討中。。。
c0124108_13375025.jpg

先週、親友Mの二番目の赤ちゃんを見に行ってきました。
長女のnaoちゃんも2歳半になりすっかりお姉ちゃん☆かわいいんだなぁ〜
音のでる絵本を持って来ては私に歌ってくれる。
こうやって日本語覚えていくのね〜(私もフラ語こうして覚えようかな^^:)
同じnao同士なので、小さいnaoちゃんは私の名前が何だか良く解らないらしく
お母さんが口にしている『友達』と言う言葉が私の名前だと思ったようで
「友達!ライオン描いて〜」「友達お肉食べる?」
と終始「友達」と言う名前で呼んでくれました。
「友達」を使ってみたかったのかな?
二番目の赤ちゃんも本当に小さくって可愛い♪
パーツがいちいち可愛い!
人形創っているので、赤ちゃんを見ると何だか不思議な感じがします。
思わず、良く出来てるな〜って(当たり前だよ!)感激してしまいます。

写真『モッコウバラ』
強そうな薔薇です♪すごい勢いで咲いてました
c0124108_1413112.jpg

[PR]

by naou7 | 2008-04-19 14:07 | フランス語
2008年 04月 12日

ゆるくダイエット

先日、同窓会に行きました。
みんな細い!昔のまんま!十代の頃と全然変わらない体型!愕然...
私なんてあの頃から比べて6キロは太ってる...
よっしゃ〜本気でダイエットですがなぁ〜!

ダイエット一日目から炭水化物抜き 気合い入りまくりです!!
っががが、一週間目にはふらふら〜イライラ〜
精神衛生上よくないのと、過去の教訓からダイエットは、一生続けられるかと問われたら
これなら続けられる!ぐらいのゆるさでないとリバウンドが恐ろしい
早い話、食べ過ぎなければ良いのだよぉ〜
って解っていながら守れないから情け無い
今は、食事日誌を付けながら何を食べたのかチェック☆
そして、炭水化物は半分&ながら体操

c0124108_20564444.jpg

そんな事、言いつつ甘味を頂いてしまった...表参道『茶茶の間』黒糖アイスと白玉、日本茶で作った寒天、塩味の利いたあんこが絶妙!上のトッピングはお茶葉。ちょっと不思議でしたが、これがサクサクして何とも美味!
店長さんに色々なお話を伺い、お茶のテイスティングもさせて頂きました。
希少な日本茶にはアミノ酸が豊富に入っているので濃厚なスープを口にした時のように濃いです。
これ!お腹空いた時飲めばダイエットにも良いかもねん!しかしお値段が...
静岡に居ると一日に何杯も緑茶を飲むのに、東京に戻って同じお茶を入れても美味しくないからついつい緑茶を飲まなくなってしまう。改めて緑茶の良さを実感した一日でした♪
あぁ〜夕飯抜きだぁ〜(笑)
[PR]

by naou7 | 2008-04-12 21:54 | 料理
2008年 04月 09日

美しいワラビちゃん☆

c0124108_1932767.jpg

春野菜がいっぱい出てますね♪
今日はワラビを茹でました。
この紫と緑、所々 青みがかった緑色、うっとり♪
本当に綺麗(ちょっと両生類っぽくも...)
写真に写らないのが悔しいわぁ!!
筍も食べたなぁ〜
[PR]

by naou7 | 2008-04-09 19:39 | 料理
2008年 04月 05日

人生最高の夜桜

遂に行って来ました『能』!!
c0124108_832507.jpg

人生で最高の夜桜♪本当に素晴らしかったです。
狂言『樋の酒』、お能は『巻絹』でした。
まずは狂言から。笑えます!結構可笑しいです!
動きもコミカルだし、擬音語がやたら多くて
なんだか可愛らしいのです。
「むりむり、むり...」や「ずかずか...」ウチで流行りそうな予感^^
太郎冠者が、流し素麺の竹筒のようなモノで酒を飲む場面から宴会騒ぎになると、
演出したかのように桜吹雪が舞い、可笑しいやら美しいやら。本当に見事でした。
大らかな人の暖かさを感じる部分では落語と似ているように感じるなぁ〜

狂言のコミカルな舞台と変わりお能はシリアス
若干眠気に襲われながらも、シテの能面に釘付け!美しいぃ〜

今回連れて行って下さったIさんは狂言を習いはじめて20年
そんなIさんが面白い話を色々してくれました。
今回のように若い女の面は瞳の黒い部分しか穴が空いていないらしく
演じるのに凄く視界が狭くて舞いづらいらしい
一方、盲目の老婆の面は目が塞がっているように見えて、横にスッーと空いているので
視野が広く、見えやすいそうです。これは、深い意味があって
見える人の方が色々な事が実は見えてないんですよ、と言う意味合いもあるそうな〜
深いなぁ〜
手の一振りで場面構成が変わったり、面の角度によって表情が変わったり
一人一人観客の感じ方で変わるようなところが能の良さなのかもな☆
c0124108_17472865.jpg

そう言えば淡風荘のOさんに人形の表情の事について質問された時に「無表情にこだわりたい」と何気なく答えた。
そしたら「それは能の世界だから是非観た方が良いのでは」とアドバイスして下さった。
笑ってたり怒っている表情はそれしか受け止められないけど、無の表情はその人の心の状態によって何百通りもの表情に見える。なんとなく自分の考えてる事と能とがリンクしたようで嬉しかった。次回は能楽堂で観たいのぉ〜^^
[PR]

by naou7 | 2008-04-05 17:52 | 人生
2008年 04月 01日

軽く軽く

次回作に取りかかろうと思うのですが...
はたして上の人はちゃんと乗っかってくれるだろうか?
ズルッといってしまいそうなっっ
しかも今回は1mの大きい作品
かなり軽くする事が鍵です。うむぅぅぅ〜
まだ裸んぼですが、この状態から服が付きま〜す♪
c0124108_1510030.jpg

[PR]

by naou7 | 2008-04-01 15:31 | アート