+nao日記+

nao8.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 27日

ポニョから液晶絵画へ

c0124108_18512038.jpg

ポニョを観に行ったら魚が見たくなり、品川水族館に行ってきました!

ポニョ可愛かったな〜イチイチ琴線にふれる。
『きんせん』ってお琴の線の事なんだぁ
とくに妹達がかわゆい♡声はちょっと合わないような気がしたけど...
手描きにこだわった作品で随所に手描きならではの優しいタッチの絵が。
本当に穏やかな気持ちになる映画でした。
アニメはほとんど観ない私ですが、気が付けば宮崎作品は全て観てる。
虜にする何かがあるんだなぁ〜きっと♪

c0124108_1962815.jpg

東京都写真美術館 『液晶絵画』展  
前回ブログで紹介した森村泰昌
(フェルメールではございませぬ岩下志摩でもありません)
やなぎみわ の作品もありました。
液晶技術を使った映像表現を集めた展覧会とっても面白かったです!
液晶って本当に綺麗なんですね(ウチのテレビはまだブラウン管なので^^:)
静止画像を観ていると絵画かと見間違えてしまいそうな程。
静止画像(絵画や彫刻)などは説明しなければ難解な作品もあるけど
動画作品だと割と解りやすい。反面、やたら説明的になってしまう怖さもあると感じた。

ブライアン.イーノ『サーズデイアフタヌーン』
裸の女性が浴槽で顔だけ出して気持ち良さそうにゆらゆら揺れている
(ポニョのお母さんみたいな感じ^^:)
左右には日が昇り日が沈みを繰り返す街並の映像
見てすぐは「気持ち良さそうだな〜うっとり」と思って見ているのですが
段々左右の街並の時間経過を気にしだすと不気味に思えて来る。
時間が経過しているにもかかわらず変わらない不気味さを感じます。
7部構成らしいので、どんな問いかけをしているのか解らないけど
この一作品を観ると、そんな風に感じた。

一方、サム.テイラーウッド『リトル.デス』
狩りで捕まえたウサギの腐敗するまでの様子を撮影した作品
対照的に見えた

鷹野隆大『電動ぱらぱら2002/2008』
人が服を脱ぎながら
頭部、上半身、下半身がぱらぱら漫画のようにランダムに入れ替わる
頭が男性、上半身が女性、下半身が男性etc...そのバリエーションはさまざま
一番上がカメラになっている作品もあり、その頭部に自分の顔の映像が流れる。
そこに映った自分の姿に気まずさや戸惑いを感じる。
ジェンダーやセクシャリティーを問う作品となっていて、とても面白かった。

以上、2日間の夏休み自由研究でした☆


展覧会のお知らせ
[PR]

by naou7 | 2008-08-27 19:58 | アート
2008年 08月 20日

フラミンゴ

最近買った雑誌に面白い記事が載っていました。
『ART iT』
c0124108_1849157.jpg

変身でおなじみの森村泰昌と、やなぎみわの対談
やなぎさんの作品はコンパニオンやエレベーターガールなど、ある意味、女性差別的な職業をモチーフにした作品や人身売買など女性の受難がテーマの作品
女性性と少女性についての対談の中で
「私は、母と祖母がタカラヅカにはまっているのを見て育ち、子供ながらに、なんでこんな幼稚な事をしているんだろうと批判的に思っていました。家では男尊女卑な環境に甘んじながら、現実逃避のようにタカラヅカでうさばらしをしているような。どこか腑に落ちなくて、もっと現実と戦わなければ、と冷ややかに見ていたわけです。」
少女受難について
男性作家の方も『少女受難』のテーマは大好きですよね。ヘンリーターガーや会田誠さん、同列にしてはいけないけど、商業漫画やアニメでは無数にある。女性は男性の受難劇を別に必要としていないんですけどね(笑)

うむむぅ 面白い!
タカラヅカの話が面白い。確かに世の中で言う「従順で良いお嫁さん」的な人がタカラヅカにハマるのは目に見えるよう。それだけではないだろうけれども、ニュアンスは手に取る様に解る。※誤解があると困るので、既婚者が全てこれに当てはまるとは思わない。対等な立場で結婚生活を送ってらっしゃる方は大勢居る。
男性の受難劇を必要としない
と一緒な意味合いで、女性が男性役をやる事でどこかストレス発散しているんではないのかな?自分でははっきりと気が付かないけどジェンダーバイアスに対する何かを感じて少しでもブレを軌道修正したい気持ちがはたらいているのではないのでしょうか?

ジェンダーの事を考えるとつくづく奥が深いなと思う。
こうして色々考えている自分自身もジェンダーに浸食されている事に
ふっと気が付く瞬間がある。
例えば、服装。
私はモードな服が好きで、素敵な洋服を着て、なるべく素敵な自分でありたい。
その衝動はいったい何処から来ているのかと考えた時
80%は美意識だと思う。残り20%は武装だと思った。
社会に出た時、見てくれが良い方が生活しやすいのを私は実感している。
例えば男性の反応は顕著だ。(男性女性に関係ない部分もあるけど)
近所の雑貨屋のおじさんは私がスッピンで買い物に行くのと、メイクして行くのでは対応が見事に違う(笑)社会的にスムーズに事を運びたい。出来れば気分良く。その『気分良く』が、したたかな武装なのだと気が付いた。知らず知らずの内にジェンダーを使っているのかもしれない。ジェンダーが見えにくい理由として、長い歴史から女性が社会生活を送る上で、快適な生活をおくりたいと思う気持ちが、次第にジェンダーに浸食され、これが常識なんだと、遠い意識の下に眠ってしまっているので見えにくいのかもしれない。
動物園のフラミンゴに似ているように思う。
羽を少し切られ、天上が空いているのに飛んでいく事が出来ない。
ずっと檻で生活しているフラミンゴは羽を切られた事自体忘れてしまうのではないでしょうか。そう言えば、色ピンクだしね(笑)
展覧会のお知らせ
[PR]

by naou7 | 2008-08-20 18:54 | ジェンダー
2008年 08月 11日

アネット.メサジェ展

アネット.メサジェ:聖と俗の使者たちを観に行ってきました。
森ビルのスカイタワーのお客さんも合わせて美術館が鑑賞できるらしく
「わぁ〜なんだこりゃ気持ちわるっ!」と言って観ている人が大勢いました。
(確かに知らないで入ったら剥製だらけでビビるかも^^:)
その気持ちよ〜く解ります!以前、私も、現代美術は作者の捌け口のようで嫌いでした。
しかし、冬子さんのおかげで作品の奥に隠されたメッセージをききたいと思う気持ちが
強くなり、あれやこれや考えるのが思考回路のパズルのようで楽しいのです。

c0124108_21322790.jpg

会場入り口のっけから気味の悪い作品が。。。^^:
ウサギ、鳩、猫、リス、犬、ニワトリなどさまざまな動物の剥製が可愛らしいぬいぐるみの仮面をかぶって天上から吊られている巨大な作品。個人的には剥製に妙に心惹かれるものがあるので目が釘付け。ちなみに家には剥製なんぞ、ありませんよ^^:

作品名「彼らと私たち、私たちと彼ら」
メサジェさんの解説によると「動物が動物の仮面をかぶっているのは人間も同じでしょ?会社では仮面をかぶっているでしょ?」との優しい問いかけ。しかし!実物を観るともっと強烈なものを感じます。剥製には既に魂は無く、ぬいぐるみの仮面には意志を感じられない。。。そして作品を覗くと鏡が貼付けてあり、作品を覗き観る自分の顔が映る。まるで「あなたはどんな仮面なの?」と動物達に問われているような気さえします。
剥製とぬいぐるみ、相反する素材を合わせる事でより一層心に訴えてくる何かがありました。

作品名「カジノ」
ピノキオを題材にした3部作、動くインスタレーションです。
残念ながらこちらは調整中のため観る事が出来ませんでした(涙)
ただ、3部作の最後、ピノキオが人間になった作品はビデオで観る事ができました。
人間の内蔵や腕や足をこれまた可愛いぬいぐるみで表現。
巨大なトランポリンにぬいぐるみがバラバラに散らばっていて
時間が来ると自動的にトランポリンが大きく跳ね上がると同時にバラバラな
ぬいぐるみとビニール袋が宙に舞う
ぬいぐるみで出来た内蔵は地べたにたたきつけられ
ビニール袋だけがハラハラと舞いながら地面に落ちてくる。
このビニール袋がリアルで壮絶な情景を連想させる。
戦争やテロなどを連想してしまった。

作品名「観察中」
ビニールのゴミ袋の山の中に三匹のロボット犬
その中央に毛皮で出来た着ぐるみを見つめるロボット犬達
このゴミ袋の中身はきっとロボット犬のもので、着ないから棄てる、着ないから棄てる
を繰り返した残骸にみえる。
洋服好きの私には手痛い作品。。。しかもロボット。。。

まだまだ紹介したい作品が沢山ありました☆是非ともご覧下さい☆

展覧会のお知らせ
[PR]

by naou7 | 2008-08-11 22:04 | アート
2008年 08月 11日

九相詩絵巻

輪舞する死 柄澤齊「ロンド」(上下)(創元推理文庫)
[PR]

by naou7 | 2008-08-11 21:00
2008年 08月 08日

案ずるより産むが易し

小料理屋のバイトを辞め、またまた販売職に戻りました☆
前回の百貨店で苦い経験があり、その残像ある中、職場に向った
今回は池袋にある巨大百貨店
うへぇ〜広い!!広過ぎる!
社員食堂行くのに2人の社員さんに道を聞いた^^:
皆さん慣れっこなのか快く案内してくれる
c0124108_23285453.jpg


案ずるより産むが易し♪やっぱ販売楽しいなぁ♪
こんな事、言いたくないけど、でも言っちゃう^^:
いかに前回の職場が劣悪だったか実感。。。
まるで冷酷非道な軍隊みたいな百貨店だった。
実際、体調不良になる人が激増しているらしい
いまに大変な事になるんじゃないのかな?そんな匂いがします。。。

今回の百貨店、社員食堂が凄いんです!まるでスーパーマーケットみたい
ありとあらゆる種類の料理をブースから自分のトレーにのせて
レジの様な所に持って行くシステム♪サラダバーもあった^^
たいして美味しくないけど何だか嬉しい♡

写真は近所にある民家
かきねのかきねの曲がり角〜♪たき火だたき火だ♪ 歌のモデルになったお宅
毎年、秋には子供達を集めて落ち葉で焼き芋大会をするんですよ。
私も子供になって参加したい^^
この場所に来ると気温が3度は違うんじゃ 淡い緑の風が通り抜けます

展覧会のお知らせ
[PR]

by naou7 | 2008-08-08 23:47 | 人生
2008年 08月 08日

ひゅ〜ん っと 花火大会☆

c0124108_20591486.jpg

ニューヨークに来ています☆うそうそ^^

新宿の夜景です!本当に綺麗
この日はむっちゃん宅で神宮花火大会を見物させて頂きました♪
マンションの最上階、神宮競技場の中が見える程の距離!
も〜鳥肌ものの花火でした♪
c0124108_21163224.jpg

花火の撮影は大変だぁ。。。タイミングが難しい
花火は最後の花開いた状態が何より一番綺麗なのですが
初めに「ひゅ〜ん」って上がって行く炎が好き
きっと、私自身が「ひゅ〜ん」なんだ
これから、どんな花火が咲くだろか?
不発にだけはならないで^^:
むっちゃんの友達、息子さんの友達と総勢15名程でワイワイ花火見物
子供の頃に親戚の家に遊びに行ったのを思い出し本当に嬉しかった☆

c0124108_2129913.jpg

白いサルスベリの花 
緑があると心が落ち着きます。涼しいしね♡
上手に植物を育てる人に憧れるなぁ〜
美味しい手料理をご馳走になったのに早く食べたくて撮影するの忘れた。。。ぐやじいぃ

展覧会のお知らせ
[PR]

by naou7 | 2008-08-08 21:48
2008年 08月 07日

袋詰めの寿司☆

袋詰めの寿司発見!!
c0124108_9333453.jpg

ではでは大トロなんぞ頂いてみませう♪
c0124108_9342883.jpg


c0124108_9351696.jpg

ありゃ!! 正体は『あられ』ざます♪
良く出来た印刷パッケージ^^
いよいよ寿司が食べられなくなったらコレで我慢するか...

展覧会のお知らせ
[PR]

by naou7 | 2008-08-07 09:51 | 料理
2008年 08月 07日

「感動」と言いたくない


c0124108_0392171.jpg

人生のバイブルとして何度も何度も読み返したい本に出会いました。
saheiziさんのブログで紹介されていたヴィクトール.E.フランクルの『夜と霧』
精神科医として働いていたヴィクトールさん自身が体験したアウシュビッツでの
壮絶な日々。また、生きる意味を改めて考えさせてくれる作品でもありました。
この世に生まれて35年まだまだ人生経験少ないヒヨッこですが
そんな私でも共感できる部分が多々ありました。
感動という言葉が軽く感じる程、素晴らしい作品です。

これは!と思った箇所を引用してみます


★「具体的な運命が人を苦しめるなら、人はこの苦しみを責務としなければならないだろう
人間は苦しみと向かい合い、この苦しみに満ちた運命とともに全宇宙にたった一度のふたつとないあり方で存在しているのだという意識にまで到達しなければならない。誰もその人から苦しみを取り除く事はできない、誰もその人の身代わりになって、とことん苦しむ事はできない。この運命を引き当てたその人自身がこの苦しみを引き受けることに、ふたつとないなにかを成し遂げるたった一度の可能性はあるのだ」


★「苦悩という情動は、それについて明晰判明に表象したとたん、苦悩であることをやめる」


★「涙を恥じる事はない、この涙は苦しむ勇気をもっていることの証だからだ」

精神分析医からみたアウシュビッツ、人間とはどんな生き物なのか、生きる意味、自由、魂 ...この本は精神分析という医学的な文面だけで終わっているのではなく、もっと核心の部分(真理)を捉えます。



c0124108_0424216.jpg

お友達のOさんから頂いた 三上昌代さんの『ダンシングライフ』
医療ミスで半身不随になってしまった三上さんの壮絶な病いとの戦い
そこから見えて来た、魂、勇気、愛...
私にとって考え方を180度変えさせてくれた言葉が沢山ありました。

『夜と霧』に載っていたニーチェの言葉
「なぜ生きるのかを知っている者は、どのように生きる事にも耐える」
まさに三上さんの事だと感じました。

展覧会のお知らせ
[PR]

by naou7 | 2008-08-07 01:11 | 人生
2008年 08月 04日

蕎麦打ち

蕎麦を打ちました♪
父の友達、もっちゃん師匠に今回教えて頂きました

もっちゃんは3年前から「蕎麦打ちの会」に入り蕎麦の魅力の虜に!
その会では蕎麦を無農薬で育て石臼で挽き、その蕎麦粉で
蕎麦を打ちます。
畑いっぱいに育った蕎麦でも食べられる部分はほんのわずかなんですね
私はそんな事も知りませんでした。

蕎麦粉の中に水を入れます(なるべく指に付かないよう注意しながら)
                   ↓
そぼろ状になるように万遍なく水分を蕎麦に吸わせてあげます
                   ↓
二度目の水入れ(大きなそぼろ状になるように)
この時蕎麦の気持ちを聞きながら水を入れてあげるんだとか^^
ほんの一滴で蕎麦の硬さが変わるので不思議
                   ↓
赤ちゃんの耳たぶ位に硬さになったら一つにまとめる
蕎麦粉をひとつも無駄にならないように綺麗に
まとまった蕎麦の中に入れ込む
修行中のお坊さんが朝がゆ食べた後、タクアンでおわんに残った
おかゆを綺麗にぬぐいますよね。そんな事を連想しました。
蕎麦ってもしかしたら仏教の精神に通じるものがあるような
ちょっとそんな風に感じました。
                   ↓
練りに入ります。(菊練りが上手いこと出来てびつくり♪)

c0124108_22505386.jpg


(まだまだ続きますよ^^:)

                   
らっきょうの形にして円錐形にします
                   ↓
それを鏡餅のようにつぶします。いよいよ地延し(円盤状に)
まんまるお月様を崩さないようにね
                   ↓
四つ出し お月様からハンカチのように薄く四角くしていきます
これが苦手^^:練るのは得意なんだけどなぁ
                   ↓
本延し 薄く薄く薄くぅ~それでいて正方形を崩さない!大変たこりゃ!
                   ↓
薄い蕎麦をたたんでたたんで切ります。切るのも大変!細く細くと思っても
なかなか上手くいきません。

やっと完成!!ふぅ~こんなに手間隙かかるのね

c0124108_22501067.jpg

蕎麦を見る目ががらりと変わった一日でした

c0124108_232169.jpg

師匠の蕎麦
c0124108_2257540.jpg

naoの蕎麦^^:一目瞭然です
お味はやっぱり格別です♪もっちゃんありがとう♪

展覧会のお知らせ
[PR]

by naou7 | 2008-08-04 23:04 | 料理
2008年 08月 01日

人形作品

人形作品

ここをクリック
[PR]

by naou7 | 2008-08-01 22:22 | 人形作品